MENU

交通事故に強い神戸市の弁護士3選を見る前に

神戸市で交通事故にあってしまった場合、あなたならどうしますか?

 

一般的には警察に連絡をし保険会社を通して示談交渉を進めていくと思います。

 

ですが、示談交渉は弁護士にお願いすると慰謝料(賠償額)が大幅に増額するのです。

 

神戸市には交通事故を専門に扱っている弁護士事務所が多数ありますので、

 

実績や口コミをもとにランキング形式でご紹介します。

 

一般的にはあまり知られていない交通事故の慰謝料(賠償額)の設定方法や、

 

経験者の体験談も掲載していますので参考にして下さい。

神戸市の交通事故の慰謝料が安いのはなぜ?

神戸市で交通事故の当事者となってしまったら、相手方に対して慰謝料などの損害賠償を求めます。この時に相手側の保険会社と示談に向けて交渉をするのですが、このとき、支払いを受けられる慰謝料がかなりすくなくとても多くの人が不満を抱きます。

 

どうして神戸市での交通事故の慰謝料が少なくなるのでしょうか?以下に挙げるのがその理由です。

 

保険会社の示す不利な条件に気づかない

交通事故の賠償金については、任意保険会社に支払い義務がありますが、神戸市の任意保険会社も支払いを抑えたいため、当たり前ですが自分の支払いを少なくしようとします。
そのため、保険会社は被害者との示談交渉に臨む際にいろいろな理由をつけ、賠償金の金額を減額してきます。法的知識が被害者にないと、不都合な条件を出されても示談を気づくことなくしてしまいます。

 

このように、神戸市の任意保険会社は、基本的なスタンスとして保険の支払いを抑えようとするものなので慰謝料の支払い金額も最少にされてしまうことも少なくないのですが、被害を受けた側は不利な条件を押し付けられても気づくことがないため慰謝料が少なくなります。

 

任意保険基準を使って計算されている

慰謝料の金額が少なくなるからくりには、慰謝料の計算のしかたも関係しています。被害者が自分自身で任意保険会社と示談に向けた交渉をする場合には、任意保険基準という計算方法を利用します。

 

慰謝料の計算方法には、自賠責基準と任意保険基準、弁護士・裁判基準といった3種類があり、任意保険基準はこの3種類の中で中間的な数字を使います。自賠責基準よりは高額だけれども、弁護士・裁判基準よりは金額に大幅な引き下げがあるのです。

 

よって、交通事故で被害を受けた人が任意保険会社と示談交渉をする場合、裁判で認められているような高価な慰謝料の支払いを受けられません。このように、神戸市の任意保険会社は任意保険基準を元に慰謝料を計算するので、慰謝料は減ってしまいます。

 

後遺障害が残らない

交通事故に遭難した時に、高額な慰謝料の請求をするためには、後遺障害在りと認定されることが極めて重要です。後遺障害とは、交通事故後に入通院治療を続けて症状固定しても、残ってしまう症状のことをいいます。

 

後遺障害があるとその内容、程度に応じて後遺障害慰謝料を請求できます。後遺障害には1級から14級までの等級があり、任じられた等級によっても支払われる支払われる後遺障害慰謝料が大きく異なります。

 

ここで、被害者自身が対応していると、後遺障害の等級認定請求を失念していたり、請求したにも関わらず、適切な等級の認定を受けられていなかったりするパターンが多いです。

交通事故に強い弁護士神戸市の3選

交通事故の慰謝料が上がる理由と神戸市の弁護士の示談交渉術

神戸市で交通事故にあって慰謝料請求をする場合、弁護士に協力してもらうと金額が大幅にアップすることがよくあります。このことは、慰謝料の算定方法と弁護士のプロの業による示談への交渉方法が大きく関連しています。

 

どうして弁護士に依頼した場合、慰謝料の額が上がるのでしょうか?今回は、神戸市での交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するともらえる慰謝料が上がるわけと弁護士の示談交渉術が上手いわけを解説します。

 

慰謝料の算定の際に使われるの3つの基準

神戸市での交通事故でできるだけ多くの慰謝料を要求する場合、慰謝料の算定の仕方が大事な点になります。神戸市での交通事故遭難時における慰謝料の算定には、自賠責基準と任意保険基準と弁護士・裁判基準といった3種類があるのです。

 

自賠責基準というものは、損害賠償金を自賠責保険で算定する時の基準です。任意保険基準とは、任意保険会社と示談の交渉をするために損害賠償金の算定基準です。

 

弁護士・裁判基準は、弁護士が示談に向けた交渉をしたり、裁判時に裁判所が採用したりする基準となります。3つの基準によって計算された慰謝料の支払金は多い順から、弁護士・裁判基準、任意保険基準、自賠責基準となります。

 

自分で被害者が任意保険会社相手に示談交渉を進めるには任意保険基準で慰謝料の計算をされてしまいますが、弁護士に示談交渉や訴訟を任せると、もっとも高いな弁護士・裁判基準で慰謝料を割り出してもらえるので、慰謝料の額が大きく上がります。

 

受け取ることができる慰謝料がどのくらい上がるのか

・入通院に拘る慰謝料
弁護士・裁判基準を用いて慰謝料を計算した場合具体的にはどのくらい慰謝料の金額が上がるのかを説明しましょう。まずは入院や通院に拘る慰謝料です。

 

入通院慰謝料とは事故で被害を受けたことによって入通院に関する慰謝料のことを指し、入通院の日数に加算される仕組みですたとえば、通院に3ヶ月かかった場合、任意保険基準から割り出すと入通院慰謝料は37.8万くらいの受け取りになりますが、弁護士・裁判基準を用いると、53万円から73万円程度になります。

 

・後に障害が残ったの慰謝料について
次に、後遺障害慰謝料について説明します。後遺障害慰謝料とは、交通事故によって障害が残った場合、その状況に応じて支払われる慰謝料のことをいいます。

 

たとえば、むちうちの際に認定されることがよくある後遺障害14級の場合には、任意保険基準の場合の後遺障害慰謝料は、40万ですが、弁護士・裁判基準の場合、110万受け取れます。

 

後遺障害6級の時には、任意保険基準だと600万円ですが、弁護士・裁判基準の場合には1180万円受けれますし、後遺障害1級が認定されると、任意保険基準なら1600万円程度支払われますが、弁護士・裁判基準だと2800万円にもなります。

 

・死亡慰謝料ついての話
死亡慰謝料でも、弁護士基準を使うと慰謝料を多く受け取ることができます。たとえば、一家で収入がある者が亡くなってしまったら、任意保険基準ですと、1500万円から2000万円程度になりますが、受け取りは53万円〜73万円程度になります。

 

弁護士が行う示談交渉術が良い理由

交通事故の示談交渉を弁護士にお願いすると、慰謝料の金額が上がる理由は、弁護士による示談交渉術が優れているからです。弁護士は、多くの交通事故に関する事件を扱っており、相手方の任意保険会社の対応を予想して、反論を適切に組み立てることができます。

 

また、法律の知識もたくさんあるので、それらを駆使して、被害者が有利になるよう交渉をすすめていくことができます。判例なども多数知っていますし、資料も豊富なので、関係する事柄や知るべき問題があればすぐに調べて、裁判を見越して示談交渉を行う術を持っています。

 

このようなことから、弁護士が持つ交渉術は非常に優れているので、神戸市での交通事故は弁護士に頼むと交渉を有利に進めて、結果的に受け取ることができる慰謝料の金額が大きく増額されるのです。

交通事故に強い弁護士を神戸市で探すポイントと相談内容

神戸市で交通事故のときは、相手側についている保険会社との示談の話し合いなどやるべきこと弁護士に頼むと、もらえる慰謝料がぐっとアップするなどの利点がありますが、依頼時、どんな弁護士であっても安心というわけではないのです。

 

こちら有利に示談交渉をすすめるには、神戸市での交通事故に強い弁護士に依頼しなければいけません。今回は、交通事故に明るい弁護士探しのポイントと相談方法を知っておいてください。

 

ホームページの内容をよく見る

神戸市での交通事故に強い弁護士を探す時、弁護士事務所のホームページに書いてあること読むことが役立ちます。ホームページには、事務所の特徴が現れているものです。

 

ホームページ上に、交通事故に関係する記事の記載が多い事務所は交通事故事件に詳しいところが多いです。交通事故後の手続きや用語集などの記事内容、弁護士のコラムのみならず、ブログなども目を通して、交通事故の記事がわかりやすく多数載せてあるところを探しましょう。

 

弁護士の経歴も役立ちます。交通事故関係の著作を出していたり、交通事故委員会に入っていたりする場合には交通事故に明るい弁護士であることが多いです。

 

ホームページ上に「交通事故専門」と書かれてあったり、交通事故に関する無料の相談を実施したりしている事務所も交通事故に積極的に取り組んでいる可能性が大いにあります。

 

面談をして確認する

神戸市の交通事故に明るい弁護士を見つけるには、弁護士に実際に相談して、確認することも大切です。ホームページ上の記載だけではどうしても情報が限られます。

 

交通事故関係に強い弁護士は、面談をした時に、今後の手続きの流れや事件のこれからなどをわかりやすく言ってくれます。知りたいことを聞いた際などに、明瞭でわかりやすい解説や指導してくれる弁護士に実際の交渉などをお願いしましょう。

 

関連資料を用意する

弁護士との相談する時間を有意義に行っていくためには、事前の備えも必須です。まずは、交通事故の関連資料をそろえましょう。たとえば、以下のようなものがあればよいです。

 

1,交通事故証明書
2,事故状況がわかるもの(図面、メモなど)
3,交通事故が起こった場所の地図
4,相手方保険会社から届いた資料
5,こちらから送った書類(コピー可)
6,診断書
7,後遺障害認定通知書や決定書
8,物損の場合の修理見積書など

 

聞きたいことをメモしておく

弁護士に法律相談をする場合には、その前に知りたい内容を箇条書きでも良いので書いておくと、役立ちます。そうしないと、実際の相談で何を聞きたかったのかを失念してしまうことがありますし、その場で何を質問したら良いのか急には考えられないこともあります。

 

そうなると、尋ねたかったことを聞き逃して後から悔やんでしまいます。そうならないよう、前もって疑問点を明確にして、聞きたいことを紙にまとめて持っていきましょう。

 

弁護士から指導してもらう時には、弁護士の回答内容を書いて持って帰ると、後から、内容を見るができるので良いです。

 

以上述べたように、神戸市の交通事故に関する事件をお任せ場合には、交通事故に関する事件に通暁している弁護士を見つけ出して、前もって準備を整えてから相談しましょう。

交通事故の慰謝料が増えた神戸市の体験談!弁護士に相談から示談成立まで

神戸市で交通事故に遭った時に、相手方保険会社を相手に、示談交渉をする時は、弁護士にお任せすると慰謝料としてもらえる額が大きくアップすることがよくあります。

 

実際、どのくらい慰謝料が増えるものなのか、具体的な体験談を読んでご確認ください。以下では、弁護士に協力してもらって示談成立することで受け取った慰謝料が大幅に増額した方の体験をお話します。

 

後遺障害等級認定を受け、慰謝料が大幅に増えたAさん

Aさんは、神戸市で交通事故に遭ったことで首の様子がおかしくなって、病院に通いながら、治していました。

 

ですが、通院期間が3ヶ月くらいで、保険会社の方から「もう治療期間は終わりなので、示談交渉をしたい」と言われて、受け取ることができる慰謝料として、40万円支払われるという提示を受けました。これにOKできず、Aさんは弁護士に法律に関して相談に行きました。

 

そこで、弁護士から、症状固定するまできちんと通院治療を続け、後遺障害等級認定をもらうように、勧めを受けました。そのため、弁護士に示談に向けた交渉をお願いして、通院を症状が固定するまで6ヶ月間続けました。

 

このことで、入通院慰謝料は89万円に増額され、後遺障害慰謝料も110万円加えてもらえたのでした。結果的には慰謝料でAさんは、全部で199万円も受け取れ慰謝料がぐっと増額しました。

 

弁護士基準を用いて、慰謝料が大きくアップしたBさん

Bさんは、神戸市での交通事故のせいで手を怪我を負い病院に通って治療をしたのですが、症状が固定してからも親指の機能が回復しなかったため、後遺障害9級だという認定を受けました。

 

任意保険会社から、後遺障害慰謝料として、300万円、支払いうという提案を受けました。入通院慰謝料は、入院1ヶ月と通院6ヶ月という期間で割り出して83.2万円と言われたので、合計の慰謝料は383.2万円でした。

 

保険会社からの提案に同意できなかったBさんは、弁護士と打ち合わせしたところ、弁護士なら弁護士・裁判基準で慰謝料を計算できるので、受け取る金額がアップすると提言を受けました。

 

そこで、Bさんは弁護士に示談の交渉をやってもらうと、慰謝料を弁護士・裁判基準を用いて算定して、149万円の入通院慰謝料となり、後遺障害慰謝料は690万円に増えました。以上のように、Bさんは、全部で839万円もの慰謝料を支給されるようになりました。

 

過失割合が減少し、支払われる慰謝料が上がったCさん

神戸市の交通事故で遭難して示談交渉をしたCさんは、200万円の慰謝料ということで、双方とも飲み込みましたが、相手方保険会社から、Cさんの過失割合が4割もあると主張され、結果的に200万円×(1−40%)=120万円の支払いだと言われました。

 

これにOKできなかったCさんは、相談して、示談交渉に向けて弁護士に依頼しました。そうすると、弁護士・裁判基準で算定してもらい300万円に損害賠償金額が増えました。

 

さらに、過失割合を30%に減らしてもらい、最終的に受け取れる慰謝料の金額が300万円×(1−30%)=210万円にアップしました。このように、弁護士に損害賠償請求手続きをしてもらうと、大幅にアップすることも多くあります。

 

神戸市で交通事故に巻き込まれたら、是非とも弁護士に協力してもらい示談交渉手続きを進めましょう。